2016.10.13NEW
EVENT / have fun
2016年11月12日(土)LIVE@下北沢CLUB Que
open 18:00 / start 18:45 adv ¥2,500 /door ¥3,000(+1D)
出演:沖野俊太郎&The F-A-Rs、46°halo、the MADRAS、cruyff in the bedroom
2016.10.13NEW
RELEASE / SHUNARO OKINO / LIGHTNING EP [Cassette]
2016年10月6日(木)発売 / ¥1,200(税抜き)
2016.09.09
RELEASE / SHUNARO OKINO & The F-A-Rs / live at asia [DVD]
2016年9月14日(水)発売 / ¥2,480(税抜き)

SHUNTARO OKINO
/ LIGHTNING EP [Cassette]

2016.10.6 NEW RELEASE / OUT NOW
ISCT-0001 ¥ 1,200 + tax

[side one]
1.Lightning
2.Scarface

[side two]
1.Cold Day
2.The Love Sick Flash

SHUNARO OKINO & The F-A-Rs
/ live at asia [DVD]

2016.9.14 RELEASE / OUT NOW
ISDVD-0002 ¥ 2,480 + tax

INTRO
01.The Light
02.We Are Stories
03.The Love Sick
04.Cold Day
05.Scarface
06.Lightning
07.Swayed
08.Vaporised
09.I'm Alright,Are You Okay?
10.Daydream Of You
11.この夜にさよなら
12.声はパワー
13.When Tomorrow Ends
14.Summer Rain
15.Wekcome To My World
16.Moon River No.1
OUTRO

特典1 'F-A-R'Release Party CM
特典2 Live Rehearsal & Dressing Room
特典3 Live At Club Que
特典4 この夜にさよなら MV

15年ぶりのソロアルバム『F-A-R』を発表した沖野俊太郎がプレクトラムのタカタタイスケ、ノーザン・ブライトの島田正史らを含むバンド‘The F-A-Rs’を率いて2016年2月、渋谷クラブ・エイジアにて行ったリリース・パーティーの模様をほぼ完全収録したライブDVD。

映像編集を楽曲を知り尽くした沖野本人が手がけているため、音と映像のマッチングは他者では作り得ないものとなっておりアレンジにフォーカスし、エフェクトを多用したサイケデリックな世界観を抜群の臨場感と共に堪能できる。何よりバンド‘Shuntaro Okino & The F-A-Rs’のステージングはロックンロールのパワーに溢れていて魅力的でかつて在籍したVenus Peterの石田やadvantage Lucyのアイコら、多彩なゲストも見所である。

スペシャル・フィーチャーではレアなリハーサル風景や楽屋での一コマ、下北沢Queでのライブ全編やMVと特典も満載。 「声はパワー」「この夜にさよなら」など本編17曲+特典映像、合計3時間を越すフルヴォリュームは圧巻だ。

SHUNTARO OKINO
/ Too Far [F-A-R Remixes]

2016.6.15 RELEASE / OUT NOW
ISCD-0006 ¥ 2,300 + tax

01.I'm Alright,Are You Okay? - The Lakemusic [lady elenoa mix]
02.The Love Sick - Akio Yamamoto Remix
03.The Light - bluewater Remix
04.Summer Rain - Shuntaro Okino Remix
05.Welcome To My World - YODATARO [welcome home mix]
06.Swayed - Linn Mori Remix
07.The Light - Indian Rope Remix
08.Moon River No.1 - Salon Music Remix
09.この夜にさよなら / Kono Yoru Ni Sayonara - Cornelius Remix
10.Daydream Of You - Akito Bros Remix
11.The Light - speedometer. [I’m the 2016 light years from home mix]
12.We Are Stories - w/The F-A-Rs Remix
13声はパワー / Koe Wa Power - Koji Nakamura Remix
14.When Tomorrow Ends - Sugar Plant [speakeasy mix]

Izuru Miura (The Lakemusic)

山本アキヲ

YODA TARO

Linn Mori

Salon Music

小山田圭吾 (Cornelius)

Koji Nakamura

片寄明人 (Akito Bros)

Jun Takayama a.k.a. speedometer

sugar plant

Hideki Uchida (bluewater)

SHUNTARO OKINO
/ F-A-R

2015.11.11 RELEASE / OUT NOW
ISCD-0004 ¥ 2,500 + tax

01. 声はパワー / koe wa power
02. The Light
03. この夜にさよなら / kono yoru ni sayonara
04. We Are Stories
05. The Love Sick
06. Swayed
07. Summer Rain
08. Welcome To My World
09. CPU Song
10. Daydream Of You
11. Moon River No.1
12. I'm Alright, Are You Okay?
13. When Tomorrow Ends
14. Mood Two

Masato Ishida (VENUS PETER) : Guitar
Hironobu Hirata (SWINGING POPCICLE) : Bass
Mikiya Tatsui : Drum
Kazuya Saka : Piano
Toru Nishiuchi : Sax
Yuko Takahashi (GOMES THE HITMAN) : Percussions
Aiko (ADVANTAGE LUCY) : Vocals
MIWAKO (HANABOY) : Vocals
Taisuke Takata (PLECTRUM / THE BROKEN TV) : Guitar
Hirokazu Kodama (CASTORFUNCRAB / THE BROKEN TV) : Guitar

SHUNTARO OKINO 沖野俊太郎
(ex. Venus Peter / aka. Indian Rope / Ocean)

1967年3月23日、東京生まれ。学生時代からバンド活動を始める。1988年、小山田圭吾とvelludoというバンドでインディーズ・デビューするも沖野本人のニューヨーク行きにより活動停止。1990年、ニューヨーク+ロンドンから帰国後、UK指向の強いギター・バンド "Venus Peter"に加入。UKプロジェクト及びポリスター(trattoria)よりアルバム3枚を発表。2ndアルバム「Space driver」に収録された"Every Planets Son"がテレビ東京系「ファッション通信」のオープニングに使われ当時まだ希少であった英語詞や流行していたマッドチェスター・ムーブメントとリンクし人気を博すが、1994年にバンドは解散する。その後ソロ・アルバムを2枚リリース。小泉今日子 〈Travel Rock〉 など他アーティストに楽曲提供をしつつ2000年にはソロ・ユニットである"Indian Rope"名義にてEP3枚、アルバム2枚発表(trattoria)。サンプリングやエフェクトを多用した実験的な沖野流ポップミュージックはコアなファンを産んだ。2003年、テレビ東京系アニメ「LAST EXILE」のオープニング・テーマ曲となる"Cloud Age Symphony"発表(Victor Entertainment)。挿入歌も数曲手がけ、一部のアニメファンには名作OPとの声も高い。翌々年の2005年にもテレビ東京系アニメ「GUN x SWORD」のエンディング・テーマ"A Rising Tide" 及び挿入歌を担当した(Victor Entertainment)。同じく2005年、1年のみの期間限定でVenus Peterを再結成。2006年9月には13年振りのアルバム 〈Crystalized〉をリリース(KOGA records)、ツアーも行う。2008年、Venus Peterのギタリスト石田真人とのニュープロジェクト "OCEAN" のミニアルバム発表後、地道にソロ活動を続けながら昨年2014年にはVenus Peterの8年振りとなる新作 〈Nowhere EP 〉 をリリース(KOGA records)。2015年 、ソロとしては実に15年振りのフル・アルバム〈F-A-R〉をついに完成させる。同年秋、サブ・プロデューサーであるタカタタイスケ(PLECTRUM)を含むバンド、The F-A-Rsを率いてライブ活動を再開。ニューアルバム 〈F-A-R〉を11月11日にリリース(INDIAN SUMMER)。そして2016年、アルバム 〈F-A-R〉を総勢12組のアーティスト達によって再解釈したリミックスアルバム 〈Too Far [F-A-R Remixes〉が6月15日に発売決定!(INDIAN SUMMER)

Copyright© INDIAN SUMMER INC. All Rights Reserved.